ぷりにっき

日々のことをゆるゆる書いていく

気力が虚無なの!

f:id:prinnynm:20180922030129j:plain

 

結局やろうとしてたこと何一つできてません!

こんばんはぷりにーです‥‥。

 

起きてから身体を動かす気力も何か考える気力もわかず、ダラダラとゲームして過ごしてました。 クズ‥‥。

ということであまりにも気力がないので、更新はすれど文字数はまた少なめの予定。

画像はTGSで撮ったブシロブースのレヴュースタァライトソシャゲ宣伝。

もっと近くで撮ればよかったかもしれない。 キャラの所暗くてあんまイケてないですねこれ。

 

とりあえず忘れない内に簡単に振り返ります。 TGS。 メモ代わりや。

9時半頃開場前着。 知人と合流して開場待ち。

開場後即コナミに行ってラブライブをプレイ。 寧々さんと戯れた。

その後、周囲をぶらついた後UNITIAというソシャゲの宣伝でやっていたリアルガチャを回す。 タンブラーだったかな。 出たの。

変わらぬいつものモンスターを貰ったり、ブシロブース前でレヴュースタァライトのソシャ見たり。 あとアークでキルラキルの列見たり。

その後一旦物販とかがあるエリア、9~11ホールに移動。

まず一番に気になったのは、コスパのブース。 にじさんじシャニマスがあって、グッズ売る会社のフットワークの軽さと売り方の上手さを感じる。

次いでコジプロのブース。 会社しかまだ無いのに、会社自体をブランドにして色んなグッズを売っていました。 名刺ケースやTシャツまで売るの、かっこよすぎる。

SNKブースがスカジャンを売っていて、ターゲット層がきっちりしてるな、というのも感じる。 一度衰退した会社とは思えないくらい、今年は元気だった。

他の大手に関しては、いつもどおりって感じな上に目玉商品も無かったので微妙な雰囲気。 スクエニさんはあの形式の物販早く止めてほしいね‥‥。

物販の横にあったのはVRエリアとインディーエリア。 VR中国企業が凄い存在感を出していて、PSVRによく似た何かと近未来的なデバイスでデカイブースがありました。

場所は元のホールに戻ってツイッチエリア。 着いたらちょうどウメちゃんがシャドバをプレイ中。 よく見てなかったけど、シャドバのプロっぽい人にウメちゃんが勝ってて、シャドバ? という思いとウメちゃんの話題提供力に震えてました。

ツイッチブースということで、もしかしたらDeToNatorもいるんじゃないかと思ったけど、初日の木曜日にはおらず。 代わりにはなっていないけど、ストのプロネモさんやにゃん師さんなんかはいました。

その後またホールをフラフラ。 ドルフロのブースがあったり、デドアラをやったり。 デドアラをやったり。

あっという間に時間は過ぎて時刻は15時。

前の時間にVRブースに立ち寄った時に確保していた整理券で、遊んだのはVRのクルマと自転車。

クルマはマリオカートみたいなゲームで、アイテムを取りながら、クラクションでアイテム発動。 バリアや妨害アイテムを使っていくルール。

筐体がクルマ型でガタガタと揺れたのですが、それがまあ酔う。

以前からVR関連を遊んで思っていたのですが、乗り物系はもっと没入感が深くならないと確実に酔いますね。

自転車は、さながらカイジの鉄骨渡りのようにビルの屋上間にかけられた小さな橋を漕いで渡っていくもの。

コレに関しては特に現実の自転車との差異がすごく、違和感が激しすぎました。

大きく2つの違和感があって、それは「風」と「傾き」。

高い所であったり、自転車を漕いでいるときに必ず感じるであろう「風」が何も無いので、そこでの爽快感が若干薄かったです。

そして、カーブを曲がる時に調整したり、バランスが悪い時にかならず動かす自転車の傾き。 上体を動かして向きを変えようとしても筐体の都合上動かなくて、どうしても違和感が出てきました。

対策は「それを"ゲーム"だと思いこむ」ことで、現実の自転車とは完全に切り離してゲームに向きあってしまったので、最早VRの没入感とはかけ離れてた気がします。

終わった後、感覚が現実に引き戻されたせいで妙な浮遊感を持ったまま歩く羽目になりました。

そんなこんなしてたら時間は17時。

終わる直前にセガの「アマデウス」を見に行ったけど、その日は故障でもうやっていなかったのが残念。

ということで軽くTGSまとめ。

 

全然短くまとまってない‥‥!

もうこれ整えてレポートにします。

 

色々イベントが目白押しの連休、まだまだ折り返し!

では、また会いましょう!